[VISION]Porsche 917/20 (Pink pig) "Martini Racing" 24h Le Mans 1971 No.23

『VISION(ヴィジョン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして
「Porsche 917/20 (Pink pig) "Martini Racing" 24h Le Mans 1971 No.23」を発売致します。

DSC_1646.jpg
DSC_1648.jpg
本モデルは、1971年に開催されたルマンに出場した『Porsche 917/20 』を再現したモデルになります。

DSC_1667.jpgDSC_1652.jpg
1971年のルマン24時間レースには実に7台ものPorsche 917がエントリーしていました。標準的なボディ形状の"917K"、成熟を重ねたルマンスペシャルの"917LH"、そしてワイドボディの"917/20"がエントリーしました。

DSC_1657.jpgDSC_1659.jpg
"917/20"は917Kと917LHの中間的な特性を得るために開発されました。
ショートテール形状でLH並みの低い空気抵抗を実現できる様にタイヤ周りを左右に大きく膨らませた専用ボディを作成しました。そのため全幅が大きく広がり、前面投影面積も大きくなりました。その結果、実車を使った空気抵抗の実験ではLHよりも10%以上空気抵抗が大きくなってしまい目論見が大きく外れてしまいました。

DSC_1660.jpgDSC_1664.jpg
1971年のルマン本戦では"マルティニレーシング"からのエントリーでしたが、その奇怪なスタイリングから「マルティニの名前を一切書かない様に」と指示されたというエピソードもあります。
予選では1位から7秒落ちで7位のポジションを獲得しました。本戦中、一時は3位まで順位を上げましたが、レース中盤にアルナージュでブレーキトラブルによるクラッシュでリタイヤという結果に終わりました。

DSC_1664.jpg
VISIONシリーズでは、すでにいくつもの917をリリースしていますが、917/20ほど他との共通点が少ない車はありません。
実車でも共通となっているキャビン周り以外は当時の図面を元に3Dデザインを行いました。またドイツのポルシェ本社に併設されているミュージアムでも実車の取材を行い、ライト~フェンダーやリアカウル上面の複雑な曲面形状も再現いたしました。
この車の特徴でもある「豚肉の部位の名前」が描かれたカラーリングも正確に再現しました、近年見つかった資料から点線部分と名称ロゴの色の違いまでも再現しています。

DSC_1668.jpg
リアカウルの下に覗く空冷トランスミッションやレギュレーションで装着が義務付けられているトランクボックスもリアルに再現しております。
是非貴方の917コレクションに加えてください!

[VISION]
VM065 ポルシェ 917/20 (Pink Pig) Martini Racing ルマン 24h 1971 No.23
希望小売価格 32,000円(本体価格:税別)
入荷予定日 3月発売予定


EIDOLON、VISION、COMPASS 製造/販売元
株式会社メイクアップ
〒107-0062 東京都港区南青山5-14-5
TEL 03-3498-9876 FAX 03-3498-9875
http://www.makeupcoltd.co.jp/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント